2011年 7月23日 沖縄・尖閣諸島を守ろう!講演会を開催します。

演題「日本の海を守る精鋭たち」(仮題)
副題「元海上保安官・特殊警備隊SST隊長が語る
『尖閣諸島の攻防最前線』」


講師は、元海上保安官・特殊警備隊SST隊長で、1996年に
中国人の活動家が魚釣島に上陸した時には、その取締りを
行った住本祐寿氏

日時:7月23日(土) 18:30~20:30
場所:フェストーネ 宜野湾市真志喜3-28-1 
          TEL 098-898-1212
会費:1000円 定員:150名 
定員になり次第、締め切らせていただきますので、参加
ご希望の方は、早めに下記まで、お申し込み下さい。
お申し込み
 TEL 090-1707-5389
 Mail tokutome1607@gmail.com
チラシ
チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 451.5 KB

「日米同盟強化と普天間基地移設問題の即刻決着を求める」デモ集会

鳩山政権に対し「日米同盟強化と普天間基地移設問題の即刻決着を求める」デモ集会

5月11日(火)13時より、「鳩山政権に対し『日米同盟強化と普天間基地移設問題の即刻決着を求める』デモ集会」を、東京日比谷公園大音楽堂にて開催いたします。
デモ集会の後、国会議事堂付近までデモ行進を決行し、国会議事堂裏門にて、国会議員に国会請願を行ないます。

【開催場所】
日比谷公園大音楽堂

【プログラム】
12:00 開場
13:00 開演
13:05 (05) 実行委員長挨拶
13:10 (40) 来賓キ協賛者挨拶
13:50 (05) 司会より協賛者/協賛団体紹介
13:55 (05) デモ出陣式 鬨の声
14:00 (60) デモ行進(ルート:日比谷公園→霞ヶ関→国会議事堂)
15:00 (15) 国会請願
15:15 ~ 移動→流れ解散→有楽町駅へ
16:00 協賛団体街宣(有楽町駅丸井前)

【主催・協賛団体】
 主催団体:普天間基地移設問題の即刻決着を求める会(代表:徳留博臣)
 協賛団体: • 沖縄の自由を守る会(代表:徳留博臣)
      • 沖縄維新の会
           • 沖縄の自由と繁栄を願う女性の会
      ・幸福実現党東京都本部 ・沖縄県本部
           • 理想国家日本を実現する東京大学OBの会
           • 若者の政治参加をうながすNPO『ミスマル会』
           • 偏向マスコミ報道から日本を守ろうネットワーク
           • 日本再生ネットワーク
           • 『日本を守ろう!!』行動委員会
           等など、その他市民団体協賛予定

【参加費】特にございません。

【参加対象】どなたでも参加可能です。

【準備物】
• できる限り、別紙「文言案」を参考にして、プラカードや横断幕などPRツールを準備いただきご持参ください。
• 保守系市民集会として「国旗/日の丸」をご持参いただいても結構です。

【雨天決行】
• 雨天の場合は、レインコートをご用意ください。
• 傘はできる限り透明のビニール傘でお願いします。(デモの前方が見えなくなるため)

「沖縄の自由を守る会」発足記念講演会

テーマ:マスコミが報道しない「沖縄安全保障環境の真実」
日 時:平成21 年10月24 日(土) 開場18 時00 分
場 所:沖縄県青年会館 1F会議室
沖縄県那覇市久米2丁目15-23(098-864-1780)

参加費:1,000 円

主 催:沖縄の自由を守る会

後 援:沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク

申込先: 「沖縄の自由を守る会」

運営事務局:徳留 携帯 090-6864-2290

E-mail:tokutome1603@ezweb.ne.jp

 

【プログラム】18 :30~
講演:「日本人としての自覚を」恵 隆之介

訪米研修報告:「内向きな安全保障論議からの脱却を」砥板 芳行

20:35 ~質疑応答

21:05 ~活動計画発表 世話人代表